ファーム通信

グリーンライフを楽しもう!
屋内でも、屋上でも!できますよ♪野菜づくり。身近に自然を感じるくらしを提案します。

【インドア派】
小倉駅前COLET/I'mビル10階の『KOKURA natu-garden』は太陽光の入るとっても気持ちのいい空間。ここで野菜を育てよう!と開園して早7年。風も吹かず、受粉の為の虫もいない屋内での野菜の栽培は、挫折&苦労の連続でした。
一時は、荒れた野菜たちですが、今は生き生きわっさわっさ育っています。
結論は、『手をかける、目をかける!』これに限ります。

【アウトドア派】
小倉駅前のデパートの屋上。地上51.5メートルで野菜を育てています。
『天空のHATAKE』では鳥や虫、ミツバチなどいろんな自然を感じることができます。保育園児さんとの交流も新鮮な驚きの連続です。

【ファーム管理人】
トミタユキコ
動物大好き!生き物をこよなく愛する女子。
2016年12月管理人就任。野菜づくりは初心者ながら、持ち前の探究心&愛情あふれる丁寧なお世話で見事再生。ブログで披露する独創性あふれる料理にも注目です。
お風呂にもラジオを持ち込む無類のラジオ好き。愛猫はなんと3匹!火・金曜AMにKOKURA natu-gardenに出没します。棚田に立つ姿が絵になる長身の女性がいたら、それがユキコさんです。見かけたらぜひお声かけください~♪

【グリーンライフ講座】
農、食、ものづくりのスペシャリストをお迎えして「GREEN LIFE講座」を月1回開催中。味噌作り、梅干し、糠床、木工、コーヒーの淹れ方…すぐに満席になりますので、お申し込みはお早めに。

「cross fmファーム通信」放送中♪ 火曜10:40~(UP↑UP↑内)/金曜17:10~(DAY+内)
[サポート企業:I'm/シャボン玉石けん/グリーンキャスティングサプライヤー企業各社]
今回作るスワッグ
緑屋さん店内

【残り1枠!】グリーンライフ講座 「~スワッグから始める冬じたく~緑屋さんのおうち時間 Ⅲ~」

2018 年 10 月 30 日

グリーンライフ講座 「~スワッグから始める冬じたく~緑屋さんのおうち時間 Ⅲ~」
11/15(木)13:30~15:00
講師:「緑屋」店主 高垣圭輔さん

緑屋さんシリーズ第3弾。今回は、壁飾り=スワッグづくりです。
小倉は室町、常盤橋袂の「緑屋」。
店内はゆったりした優しい空気が流れ、
センス溢れるリースやスワッグが天井から(壁にも)ずらり。
生花で作って、冬の間 少しずつドライに。
徐々に徐々に雰囲気が出て、その場を素敵に変える不思議。
心をじんわり温めてくれるといいな♪

募集:限定15名
参加費:3,000円
開催場所:KOKURA natu-garden(小倉駅前 COLET/I'm10階)
お問い合わせ・お申込:farm@crossfm.co.jp

※花ばさみをお持ちください
※寒暖の関係で、写真と内容が異なる場合があります

イメージ
イメージ
昨年のリモンチェッロ講座でも登場した、「ヤマヨ水産」小松さんの絶品牡蠣!とーても大きくてプリップリ美味なんです♪

【参加者募集!】グリーンライフ講座「スパイスで旅するおうちごはん~フレンチ篇~」

2018 年 10 月 29 日

12月のグリーンライフ講座「スパイスで旅するおうちごはん~フレンチ篇~」
12月18日(火)12:00~15:00
講師:「カーリースパイス」 店長・シェフ 間地聡さん(小倉北区真鶴)

スパイスの専門家で、元々はフレンチのシェフ、間地先生のお料理講座 第2弾。
今回は、おうちで作れる″フレンチソース“を教わります。
もちろん、スパイスを使ったり、アレンジもいろいろ、料理の基本、
お店で実際に出しているレシピ含め、シェフの知識を惜しみなく教えていただけます。
(メモとペンは必須です!)
ソース3種とレバーペースト。メイン料理は、牡蠣です。

開催場所:KOKURA natu-garden(小倉駅前COLET/I'm10階)
料金:2,500円  食事付(メインは牡蠣料理です!)
募集:限定 15名
申込締切り:12月10日(月)
お問い合わせ・お申込:farm@crossfm.co.jp

*牡蠣について
 気仙沼「ヤマヨ水産」小松さんの絶品牡蠣を使用します。
震災復興支援を続ける中村知靖さん【Bar Les eaux de mars(レ・ゾー・ドゥ・マース)
(小倉北区鍛冶町) 店主】のご協力により、全て無料でご提供いただきます。
*申し込み締切日以降のキャンセルはできません。
キャンセル料として参加費の全額2,500円をお支払い頂きます

色んなまき方をしたので、

2018 年 10 月 23 日

円形の鉢内に、すじまきwww
ちゃんとすじでデテキタwww当然かwww

にぎやかよろし。

レモンバームも元気だなー。

そして、おや?
収穫終えて放置して野草が密集してた鉢内から、見覚えのある苗が。。出て、
来た?
なんだっけ、コレ。

[アウトドア派:天空のHATAKE]

植えた種から芽も出てきたしな!

2018 年 10 月 23 日

アチラコチラから土から小さくヒャッハー!と聞こえた気がしたのは、
トミタだけでしょうかwww

にぎやかにぎやかわっしょいわっしょい。

植えた種ではない、野草の芽も出てきてて。
「あ、自分、植えた種の新芽ですよ?(。)ホヨ?」って顔してたwww
たしかに、一見、見間違える双葉。(画像3枚目左上)

あーでもざんねーん、
ニンニクの鉢内では、まったく似てないですからー。
植えた種の新芽の顔して出てきた野草の新芽の有志?勇姿?をご覧あれwww(画像3枚目下)

細長双葉のほうれん草も芽が出てきた!(画像3枚目右上)

[アウトドア派:天空のHATAKE]

講座当日の天空も、

2018 年 10 月 23 日

にぎやかでしたよー。
チュンさんたちが大勢来てて、
秋の草花といえど、みどりみどりしてるカラムシ。
秋の草花たちも元気。

[アウトドア派:天空のHATAKE]

グリーンライフ講座「花は野にあるように~投げ入れ教室 秋の草花篇」その5

2018 年 10 月 23 日

先生は、最後の最後、インドの篭に陶器を入れて、芋の蔓・葉っぱだけを使って投げ入れた作品を。
と、
枯れた大きなハスの葉っぱを器にして、小さな花を投げ入れた作品を。
どちらもシンプルでカッコいい。
師匠・川瀬敏郎先生の世界が、園田先生なりの形になってる感、満載でした。

自由な発想で、でも自然に寄り添ってる。色んな投げ入れがある。
美しい秋の草花達に囲まれて、贅沢な時間が流れた講座でした。

最後の画像は、栗きんとんwお茶とおやつ、講座の最後に出た〜♪
下に敷いてる柿の葉も、「お茶請けの飾りに」と、わざわざ用意いただいてたもので。風情1ー。
よい時間でしたw
緑色の実は、参加者さんからお土産でいただいたクチナシの実!
「栗きんとんを黄色にするのに使えるよ♪」と教えていただきました。風情2ーw
何やかんや自然に感謝。

皆さんには好きなだけ草花をお持ち帰りいただき。
いや〜、今回も素敵な時間でした。
ンナワケで10月の講座は自然・秋満喫でしたな。

(つづく?)

[インドア派:KOKURA natu-garden]

グリーンライフ講座「花は野にあるように~投げ入れ教室 秋の草花篇」その4

2018 年 10 月 23 日

器を変えたり、向きを変えたり。
ソレだけで印象が変わる作品もあったり。
「おお!」連発www

「いけてます」じゃなくて、そこに自然が生まれて、何とも柔らかい空間が時間が流れ出してた。
どうすか?参加者さんたちの作品。

水張った白いバケツ?円筒形の容器は、最後の片付けで見かけて。
ただの水入れで、用具のヒトツで。
誰の作品でもないけど、なんだか素敵に見えたので。
天井のジンベイザメも水面に映ってる。
あ、ジンベイザメって、勝手に名前付けてるだけで、吹き抜けの天窓のコトです。

(つづく)

[インドア派:KOKURA natu-garden]

グリーンライフ講座「花は野にあるように~投げ入れ教室 秋の草花篇」その3

2018 年 10 月 23 日

で、出来た作品。ほんの一部ですが、ご紹介。
皆さんが自由にいけたあと投げ入れたあと、先生がアドバイスしつつ、
先生がチョット手を加えただけで、色んな表情が生まれて!ソレがスゴかった!

草花を少し持ち上げるだけで自然な表情や奥行きが生まれたり。
草花を加えたり、抜いてったり。

枯れかかった葉も、とても美しい。

(つづく)

[インドア派:KOKURA natu-garden]

グリーンライフ講座「花は野にあるように~投げ入れ教室 秋の草花篇」その2

2018 年 10 月 23 日

園田先生の出で立ちも美しかったです。
白の柔らかいブラウスに白のロングスカートで黒のハードブーツ!クールビューティ。
でも優しい空気流れてて。

参加の皆さんも、とても素敵で、とても草花が好きな方ばかりで。
つぎつぎと、作品を作っていったのだ。

(つづく)

[インドア派:KOKURA natu-garden]

グリーンライフ講座「花は野にあるように~投げ入れ教室 秋の草花篇」その1

2018 年 10 月 23 日

講師に、聴雨居主宰 園田静佳先生をお迎えして、
満席!皆さんと先生と、秋の自然、満喫きましたよーい。
当日は、午前中に秋の草花が続々運び込まれて。
いろんな種類の草花が、鮮やか〜。
全部は画像に収めきれてないが。
沖縄や台湾まで飛んでく蝶:アサギマダラが、大好きな花でおなじみの、藤袴。
紫色はサルビア。濃い赤色は秋桜、参加者さんに教えてもらった、草木染めで使うクサギ、
真っ赤なクサイチゴ、レモンバーム、白山吹の実、青色・紫色不思議カラフルな野葡萄、
動物の名前の植物、意外とあるんすよねー。
黄色はアキノキリンソウ、赤紫色の斑点ちゃんは、鳥の名前から来たホトトギス。

お花や実だけではなく、秋の草花の代表格:ススキや、エノコログサ(ねこじゃらし)もある。
先生の投げ入れは、キレイな草花だけでなく、枯れかかったものや紅葉が進んだもの、
自然と折れたものもあえて使ったり。自然のままの今の姿を取り入れるんですね。

今回先生がお持ち頂いた草花、2/3は、築上郡:北九州から大分方面へ向かう手前あたりですか、
某個人様所有の山の中で自生している草花で!
イイっすよねー。こんな素敵な草花がたくさん育つ山、ほしーww
大自然に囲まれ、季節の草花たちと暮らしたいなーって、かなり感動しました。
この山は、北九州と同じく猪が出るらしいすけど、鹿も出る山らしいですよ!
イイなあ!鹿と暮らしたい!鹿、だいぶ作物荒らしてくらしいですよ♪
鹿が暮らせる、生きていける自然環境があるなんざ、本物の自然だわぃ。
鹿たちも季節の草花、1年中満喫してんだろなー。イイなぁ。
イイなぁばかり言ってるw
鹿、色々対策しても、難なくクリアして、育てた作物確実に食べてくらしい♪
アッタマイーなーオイ♪賢いなあ♪

草花の他にも(全部紹介しきれてないが)花瓶・器・古道具色々用意してくださり。
ちなみに、陶器を大きめの篭に入れて、黄色や赤の実がカワイイ山帰来を投げ入れてる画像は、
先生が講座準備中にチョイと作った作品。篭に陶器の組み合わせ、面白いすよね。素敵す。
山帰来の枝の動きが一気に際立って、葉っぱや実の色の変化もカワイさが増し、
空間に自然が出来て、素晴らしかった!

…で、ずらっと並んだ、準備された草花や器を、自由に選んで、好きに使って、
皆さん各自でいけていったのだす。

カワイイフォルムのガラスの器、試験管、鳥カゴ、サラダボウル、リンゴジュースの空き瓶、
四角い黒い箱、空きボトル、高そうな陶器とか茶器とかもあったりwww

(つづく)

[インドア派:KOKURA natu-garden]